2017|青森県三本木高等学校附属中学校

(概要)母から、スキー場の無料一日券を二枚もらった。友達のAさんを誘ったが、用事があるからと断られた。Bさんを誘い、Bさんと一緒に行くことになった。しかしその後、Aさんが、「用事がなくなったから一緒に行きたい」と言われた。

Aさんを断ればいいのか、Bさんを断ればいいのか迷っています。どうしたらいいでしょうか。

たろうさんは「別の方法を考える」という立場です。あなたがもしたろうさんだったら、アドバイスの原こうをどのように書きますか。新聞社に送るアドバイスの原こうを書きましょう。

(『別の方法を考える』というたろうさんの立場について)「二人しか行けない」とか、「どちらかを断らなければならない」とか、そういうことにこだわらないで考えればいいのね。

作文の方針

これは、自分には非常に難しい問題でした。

というのも、私の立場としては、「約束した以上Bさんと行くべきだ」という立場だからです。

結末は5種類です。

  • 全員行く
  • 自分とAさんが行く
  • 自分とBさんが行く
  • 自分だけが行く
  • 誰も行かない
1.自分とAさんが行く・自分とBさんが行く

『自分とAさんが行く』・『自分とBさんが行く』という方針では、点数がつかない可能性がありますね。

というのも、元々の出題で、『別の方法』を求められています。

ですから、よほどの説明なしに、この2つを選ぶのは良くないと思われます。

2.一人で行く・誰もいかない

『一人で行く』『誰もいかない』というアドバイスは、いかにも残念な結末です。

AさんもBさんも切り捨てるわけです。

一番のトバッチリは、Bさんですね。

この結末は、あまりよくないと思います。

「三人が納得できる方法」ではなさそうです。

3.全員行く

『全員行く』という方針でのアドバイスは、一見現実的ではないように思えます。

ただ、可能性はあります。

まず1つ目の案。

本当にAさんが行きたいようであれば、自分で手に入れてもらうという手段がありえます。

正直に話して、「Aさんの分は無料ではなくなってしまうけれども、一日券を自分で調達できるなら一緒に」と提案する結論はありえます。

2つ目の案。

無料チケットはAさんとBさんに使ってもらい、自分は有料で行くということがありえます。

この場合は、親に話して金を出してもらう必要があります。

ここでの問題は、車をどうするかです。

「お母さんに2回送ってもらう」「AさんかBさんのどちらかの家族が協力してくれないか聞いてみる」ということがありえます。

総括

他にもあるのかもしれません。

私の思いついた限りでは、こんな感じの整理になりました。

いろいろな意見がありうるえしょう。

自分なりの案を、しっかり論述できていれば、落とされる作文にはならないと考えられます。

ブログランキングに参加しております。役に立ったと思ったら、以下をクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする