現代文|おすすめの勉強法

シェアする

あなたは、どんな風に現代文を勉強していますか?問題を解いた後、どうしていますか?

間違えた問題を解き直し、それで正解出来ていたらOKとしている人は少なくありません。また、間違えた小問をどう間違えたのか確認して、それで勉強を終える人も少なくありません。残念ながら、その勉強法では、現代文の力はほとんど伸びません。

わりとよく解けていた問題。こういう課題文から学べることは少ないです。小問を確認したところで、「なるほどね」で終わってしまうことが多いです。実力を伸ばしたいなら、そういうわりとよく解ける問題集には伸びしろがありませんから、とっとと卒業した方がいいです。

全然解けていなかった問題。これは、いわゆる「伸びしろしかない」という状態ですね。文全体を理解できていない可能性が高いです。ですから、小問なんて二の次でいいのです。課題文を丁寧に読み直し、要約するなどして、課題文をきちんと理解するよう努めましょう。頑張る甲斐がありますね!

読解基礎力の養成

中学受験でも、大学受験でも、高校受験の共通問題を最初の訓練に用いたいです。

中学受験で使うには、知らない単語・漢字があるんじゃないかって?そんなもの、辞書を引けばいいのです。

高校受験、しかも、共通問題は、非常にオーソドックスで、解答の根拠もしっかりしています。文章を正確に読めれば、満点が狙えます。だから、基礎力の養成にちょうどいいのです。

コンスタントに満点を取れるところようになるまで、この訓練に取り組んでいいと思います。

読解力の養成

高校受験・共通問題が物足りなくなってきたら、ぜひ、センター試験に取り組みましょう。知らない単語・漢字があるかもしれまえんから、辞書を横に置いておきましょう。

センターの現代文は、かなり難しいですよ。題材は、そこまで難しくはありません。小学生に読ませても、酷とは言えないような、いい課題文が選ばれています。

それでも、きちんと読めていないと、東大に受かるような子でも、平気で間違えます。だからこそ、丁寧に読む訓練ができるのです。

ぜひ、段落ごとに、要約してください。そうして、1段落1段落丁寧に読み、課題文全体をしっかり理解する訓練を進めて欲しいです。

チャレンジ

読解力を試してみたくなったら、読解力を過信してきたら、もしくは、読解が雑になってきたら、東大現代文を読んでみましょう。東大現代文がスイスイ読めて、問題がきちんと解けるなら、現代文で困ることはないはずです。

<2005年度出題>

すべての道徳は、ひとが徳のある人間になるべきことを要求している。徳のある人間とは、徳のある行為をする者のことである。徳は何よりも働きに属している。有徳の人も、働かない場合、ただ可能的に徳があるといわれるのであって、現実的に徳があるとはいわれないのである。アリストテレスが述べたように、徳は活動である。ひとが徳のある人間となるのも、徳のある行為をすることによってである。それでは、如何なる活動、如何なる行為が徳のあるものと考えられるであろうか。この問題は抽象的に答えられ得るものでなく、人間的行為の性質を分析することによって明らかにされるべきものである。(三木清『哲学入門』)

さて、どうでしょうか。

問題提起自体は、小学生でもどこにあるか、一瞬で見つけられるでしょう。難しい単語もなかったと思います。

では、読んだ後に、何も見ないで内容を説明できるでしょうか。もちろん問題提起の指摘は誰でもできるでしょう。ですが、どうしてそういう問題提起になったか、何も見ないで説明できる人は少ないはずです。

こういうことを丁寧に読んで、頭の中で整理し、理解できるようになる。それが、読解力の訓練・現代文の勉強なのです。

ブログランキングに参加しております。役に立ったと思ったら、以下をクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

シェアする