英文読解|自信が持てない人へ

シェアする

「英文読解に自信が持てない人」といっても、実は、よほど英語と現代文が得意な人以外は、大半がここにあてはまると思いますが。

日本人の英文読解が苦手な理由は、実は、日本語の現代文の教育に問題があるからです。

英文読解の勉強が伸びてきた人に、最近どんな風に勉強しているか、話を聞いてみてください。以下のように答える人は少なくないはずです。

「現代文の勉強をきちんと始めたら英語が伸びてきた」
「英文読解の点数もだけど、現代文の点数も安定するようになった」

これがどういうことなのか、分析してみます。

日本の読解演習の問題点

日本における読解問題は、日本語であっても、英語であっても、「指示語が何を指すか答えよ」「内容にふさわしいものを答えよ」というものが多いです。しかも、その解答形式は、選択肢になっていることの方が多いです。

選択肢の中には、あまりにもおかしい選択肢が、だいたい1個は入っています。そして、いかにもひっかけのような選択肢も1個ぐらい入っています。結果として、だいたい2択になるようになっています。

この勉強法は、はっきり言えば、読解力を鍛えているのではなく、勘を養ったり、問題を解くための技術を養っているようなものです。だから、読解力が伸びません。

そのような演習が中心になっている理由

最大の問題が、教える時間が限られているということです。

生徒がきちんと理解しているか、どういう誤解をしているかについては、容易には把握できません。それをきちんと把握しようと思ったら、生徒1人1人との質疑応答が必要になります。しかし先生には、そんな時間は与えられていません。

一方、指示語問題や内容一致問題なら、授業に参加している全員に、一回で説明できます。だから、そういう問題が先生に好まれます。

加えて、生徒が自分で演習をする上でも、合ってるか間違ってるかで判断できる選択肢問題は、非常に取り組みやすいです。読解力自体は向上しないとしても、多く読むうちに、読む速さや問題を解く技術は磨かれていくかもしれません。ですから、その考え方が間違えているわけではありません。

読解力とはそもそも何か

読解力とは、そもそも何でしょうか。これは結局、「書かれていることを正確に理解する能力」のことです。

指示語が示しているものを適切に指摘できるとか、そういうことは、実際にはどうでもいいことです。大切なことは、論説文であれば、「著者がどういう根拠で何を言っているか」をしっかり理解したことですし、物語文であれば、「何がきっかけで誰がどういう心理になったか」ということをしっかり理解することです。

読解力を鍛えるためにどうするか

これは、現代文でも共通です。まずは、段落ごとに要約することを心掛けましょう。

問題なんて、解かなくていいです。もし日本語で書いてある課題文を読んで、日本語で書かれている問題を解いたら、満点取れますよね?その程度の問題しか出ていないことが大半だろうと思います。そんな問題を解くよりは、きちんと要約できるか、内容を整理して説明できるかということの方がよっぽど大切です。

ただし、いきなり要約を始めるのは大変でしょう。だとしたら、課題文全部なんて思わなくていいですから、自分の実力に合わせて、いくつかの段落を全訳してみてください。それできちんと内容がわかる訳になっていれば、その段落はきちんと理解できるはずです。日本語がそもそも理解できないような訳になっていたら、それは、その段落で学ぶべき文法・構文や単語がありますから、しっかり勉強しましょう。

どんなレベルになっても、そういうしっかりとした丁寧な訓練によって、実力は培われていくのです。

ブログランキングに参加しております。役に立ったと思ったら、以下をクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

シェアする