英文読解|3か月で初歩レベルから英検準1級レベルにする方法

シェアする

今回ご紹介するのは、英文読解力をたった3か月で、初歩レベルから英検準1級レベルまで、飛躍的に高める勉強法です。

「そんなの、嘘でしょう?」と思うことは簡単です。

ですが、実際にそれで英文読解が得意になった人はたくさんいるのです。

『魔法』や『裏技』じゃありません!

この勉強法は、別に裏技でも何でもありません。

『本気になれば』『誰でも』、できるようになるという話です。

『簡単に』できるようになる、『魔法』のような勉強法なんてありません。

『誰でも』『簡単に』なんてことを言いたいわけではありません。

ただ、現実には、『魔法』のように思えるかもしれません。

その勉強法は、とても単純な発想で、しかも、基本的なことでありながら、多くの人ができていない勉強法です。

その意味は、丁寧に読めば分かると思います。

ぜひ、丁寧に読んでみて頂きたいと思います。

『読解力』って何だろう?

「英文読解の苦手を克服したい」「英文読解を得意にしたい」そう思ったことはありませんか?

英文読解が得意になれば。読める量が増えますから、英語の勉強全体が、どんどん進むようになります。

ただ、英文読解を「得意」と思えている人は、そう多くはありません。東大生ですら、「苦手」という人はたくさんいます。

ところで、「現代文が得意」という人も少ないですよね。同じように、外国人・帰国子女だから「英文読解が得意」とも限りません。

『読解力』は、単なる『言語の能力』とは別物なのです。『読解力』を高めるには、『読解力』を鍛える訓練が必要なのです。

日本では『基礎』を教わることは難しい

今回ご紹介する勉強法は、私自身が大学受験の浪人時代に、自ら実践したものです。

高校卒業時の私の英語力は、中1の初歩の初歩レベル。中1の2学期からは、英語の答案はあてずっぽうになっていました(英語だけではなかったですが・・・)。

『to不定詞』なんて言葉を知ったのも、高校を卒業してからでした。

余談ですが、当時の担任の先生とは今でも交流がありまして、「今なら卒業できない」「中学から高校へも進学できていない」と明言されています。

大学受験をしようと思って、予備校の授業にちょっと通いました。

そして、『基礎』の講座を取りました。

ところが、テキストも授業も、言っていることはサッパリ分かりませんでした。

予備校にはすぐに通うのをやめました。

こんな風に考えたことのある人も、たくさんいるかもしれません。

「自分はもしかしたら、『英語』というものが、そもそも向かない人間なのかもしれない」

私も、そう思えて、大学受験も諦めかけました。

後から考えると、予備校の講座で設定されている『基礎』は、中学英語も含めた『基礎』ではありません。

もちろん、高校英語の『基礎』でもありません。

高校受験レベルまでをそれなりに理解できていることが前提になっている、大学受験の『基礎』だったんですよね。

そりゃ、ついていけないはずです。

言葉って、難しいものです。

カリキュラムの視点

今回の学習法に取り組んでいた時、私は誰かから教わっていたわけではないので、完全に手探りでした。

洋書の訳に取り組んでみたり、東大の教養テキストを借りて訳してみたり。

思えば、合理的な勉強法の中でも、様々な非効率的な学習もしたものです。

試行錯誤を重ねつつ、それなりに頑張ったので、半年程度で英検2級・準1級レベルの長文は、わりとスラスラ読めるようになっていました。

塾の先生や家庭教師として指導することになり、その方法をカリキュラム化しました。

そして、様々な教材を使って、生徒を指導して参りました。

私も多くの経験をつみ、「生徒が取り組みやすい」「先生として指導しやすい」の両面から、今回ご紹介する、画期的なカリキュラムが作られていきました。

2009年の実践

そのカリキュラムのある程度の完成形を、ついに完全に実践したのが、2009年に担当したある生徒です。

大半の英語学習の相談は、「集団塾・予備校に通って演習はたくさんやらせているが、成績が上がらない」というきっかけが大半です。

つまり、それなりに文法の知識もあるし、それなりに単語も知っている状態。

既に多少の知識があるというのは、指導上、良いことも悪いことも、たくさんあります。

既存の知識が邪魔して、なかなか伸びないということもあります。

しかし、その生徒は過去唯一、一切英語の勉強をしてきていない生徒でした。

そして、その指導は大成功を収めました。

ですから今回、モデルとして紹介させて頂こうと思いました。

英語の勉強、特に、英文読解に伸び悩んでいるような人には、目からうろこが落ちるコラムかもしれません。

ぜひ、最後まで丁寧に読んでみてください。


1.どういう生徒だったか

私自身、開成中学・開成高校を卒業しており、元々勉強が苦手ではありません。

ですから、私自身が「たった半年で!」なんて言ったところで、「勉強が得意だからでしょう?」なんて言われてしまいます。

ですが、この生徒は違います。

主人公は中3生

このサクセスストーリーの主人公は、小学校時代からスポーツばっかりやってきた、成績は落ちこぼれの中学校3年生。

私が学習塾で、個別指導教室の責任者をやっていた時に、お父様がご相談にいらっしゃいました。

「スポーツばっかりやらせてきました。」「怪我をして、スポーツ推薦が取れなくなりました」「国語も算数も、やらせてもできません」「うちの子は、学習障害かもしれません」

お父様から、このような話がありました。

そして、最後に、「ダメならダメでしょうがない。後悔のないように、思い切って指導してもらえる方を探しているんです。」と。

そこで、私はお父さんに言いました。

「ご本人に、やる気と勇気があるなら、私が指導します」

実際に、算数の1桁の足し算や九九も危うい子でした。

なお、学習障害などではなかったのは、言うまでもありませんね。

最初の山

通塾1週間ぐらいたった頃、彼は塾を無断で数日休みました。

他の多くの人は、「彼は音を上げたんだ」と言いました。

ただ、私は、音を上げたのかどうかは、五分五分だと思っていました。

彼は、平たく言うと、普通の(?)不良の中3です。

成績は常に最下位レベル。

悪い遊び友達がたくさんいます。

勉強を始めても、しばらくすると、友人はきっと、遊びの世界に連れ戻そうとします。

それを振り切れるかどうか。

それが、「ご本人のやる気と勇気」の一要素です。

3日ぐらいたって、彼は、たくさんの怪我をして、校舎に現れました。

その前夜、校舎の窓ガラスが割られもしました。

彼は小さい声で、「ご迷惑をおかけしました」「もう休みません」と言いました。

何が起こったのかはだいたい想像がつきます。特に責めることはしませんでした。

さすが、スポーツを真剣にやってきただけのことはあります。

やりぬく覚悟を感じました。

「こいつなら勉強もやり通せるかもしれない」、その時にそう思いました。


2.基礎の基礎

最初に5文型を教えた

最初にやったのは、まずはアルファベットを書けるようになるところから。

自分の名前をアルファベットで書くのも、怪しかったと思います。

ABCDの歌を教えるというのもくだらないので、まずは、第1文型から第5文型までの例文を5文だけ。

何度も書かせ、暗記させました。

見なくても書ける、見なくても言えるレベルになるまで。

徹底的にやらせました。

そして、それが完成したら、次に、『DUO』という英単語集の例文を、1日3つぐらいずつ暗記させました。

これももちろん、5文型を意識したものです。

なぜ5文型からなのか

多くの日本人は、「英語は後ろから訳す」と教わっていると思います。

しかし、それは、本質的には誤りです。

そういう発想で勉強をしているから、英語が本当の意味で得意にならないのです。

言語は全て、前から読んでいくものです。

外国人の方が、日本語の小説で、文章を後ろから読んでいたらどう思いますか?

「きちんと前から読もう」と言いたくなると思います。

英語だって同じです。

では、どう勉強していくべきなのか。

それは簡単です。

日本語のレベルで、英語の語順にしっかり慣れてしまえばいいのです。

その基本を学ぶためのツールが、『五文型』なのです。

第3文系
日本語「私は〇〇をします」
英語「私はします、〇〇を」

最初から、そう読むものだと思って習慣にしていきましょう。

英語で話したり聞いたりする場合も、その語順で処理できるようになりますから。

まずは英語の語順の基礎である5文型で、正しく『英語的』に読む訓練をしました。


3.文法の基礎を学ぶ

テキストの順番は無視

まずは中1の基礎の基礎となる文法を学びます。

2日ぐらいかけて、みっちりと。

特に、be動詞と一般動詞の違いを意識させました。

次に、基本的な文章の型を1週間ぐらいかけて勉強しました。

テキストの並びは、ある程度無視です。

意識したのはどこまでも、肯定文、否定文、疑問文の並べ替えと、Be動詞と一般動詞の違いです。

問題演習は読解向けを中心に

テキストや問題集を、前から丁寧に1個1個得意にしていくのは、時間の無駄だと思っています。

例えば、ある中2の本で、『There is~』の項目の次に、『名詞・冠詞』が並んでいました。

『名詞・冠詞』なんて、長文読解に取り組みながら覚えていけばいいような話です。

日本人の敬語が怪しいように、母国語の文法が怪しい外国人はたくさんいます。

こんなこと、『英会話』や『英文読解』ができるようになりたいだけだったら、頑張らなくていいのです。

にもかかわらず、学校でも塾でも、『名詞・冠詞』の範囲を2週間~1か月かけてやっています。

先生にとっては採点が楽な期間が続きますが、その間、生徒の読解力は退化し続けてしまいます。

こういう『名詞・冠詞』みたいな項目は、英語を得意にしたかったら、後回しに”した方がいい”のです。

優先順位をはっきりと

この段階の目標は、とにかく早く『読解』に進むことです。

そのための、最小限のツールを身につけることです。

辞書を引きながらでも、読解に取り組めば、生きた文章にたくさん触れられます。

生きた単語の使い方を、たくさん見ることができます。その方が、どれだけ勉強になることか。

ですから、早く最小限のツールを身につけて、読解に進んでほしいのです。

『There is~』なんかも、自分で作文できる必要はありません。

「こう出てきたら、こう訳せばいい」と知っていればいい話です。

こういう項目に関しては、先ほど紹介した『名詞・冠詞』同様、紹介に留めます。

加えて、『関係代名詞』『完了形』『仮定法』は、様々な知識の積み重ねが必要です。

こういう前提知識を要求される項目は、本人が必要性を認識してからやればいいでしょう。

必要性を認識できていないうちに教えても、「ふ~ん」で終わって、忘れてしまいますからね。

一方『to不定詞』は、読解をしていく上で、極めて重要な項目です。

『名詞的用法』『副詞的用法』『形容詞的用法』のそれぞれの違いが分かっていないと、ほとんどの長文が読み進められません。

また、『to不定詞』を勉強することは、語順を学ぶ材料にもなるという利点もあります。

かなり早い段階で、かなり丁寧に指導しました。

演習にこだわらない

この段階で意識したことは、「スペルミスも気にしない」「自分で作文できたり、完璧に書き換えられたりするところまでは求めない」ということでした。

まだまだ単語力があるわけではありません。

これを現段階で完成させていくためには、学校教育で2年かけて教えるような、地道で面白くない、非効率的な訓練が必要になります。

そんな時間、かけられませんから、戦略的に割り切ります。

スポーツでもゲームでも、「ルールを完璧に理解しなければ、試合に出してもらえない」なんてことはありません。

周りに迷惑をかけない程度にルールを把握したら、あとはやりながら覚えればいいのです。

英文読解でも同じです。

「文法をきちんとできるようになってから読解しましょう」なんてやってたら、そこにたどり着く前に、飽きるか嫌いになるかしてしまいます。

そうならないように。

これまで教えてきたことの目的は、「読むときに文法を意識できるようにする」「とっとと読解に進む」というものでしかありません。

文法の細かい勉強は後回しにして、読解演習に進みましょう。


4.読解に取り組む

①高校入試共通問題

辞書を引きながら全文訳する

いきなり、高校受験の共通問題を全訳させることにしました

高校受験の共通問題には、良質の文章が多いのです。

様々な文法事項がふんだんに盛り込まれています。

単語も基礎的なものが豊富です。

読解の基本を学ぶための教材として最適です。

まずは、2文ぐらいずつ、全ての単語を辞書で引かせました。

電子辞書は使わせない

「この単語は何回引いた」という印象が大切です。

本がボロボロになっていく感覚・手放す時の寂しさは、「自分がどれだけ頑張ったか」という心の支えにつながります。

もちろん、辞書を引く大切さは、心理的なものに留まりません。

どこらへんにどういう単語があるかを知ることも大切です。

前に引いた単語がたまたま目に入ることも大切です。

何より、専門的な何かに取り組む場合には、電子辞書なんて役に立ちません。

ですから、辞書を引く訓練自体、非常に大切です。

また、電子辞書では「最初の3文字入れればスペルが予測で表示」されますよね。

これでは頭を使いながら単語を見ません。

結果として、単語のスペルを覚えるのが遅くなります。

加えて、単語の後半部分には、『~tion』『~able』などのように、品詞を分ける重要な接尾語がつくケースが多いです。

そういうことの認知・理解も遅くなります。

ですから、電子辞書を使うのは、『英文読解』においては、効率は最悪なのです。

品詞を大切に

多くの人は、単語の意味だけ調べて、訳し始める思います。

その勉強が、将来、英文読解の苦手を生みます。

英文読解の重要なポイントに、「文の要素を意識する」というものがあります。

その観点から、単語を調べる時には、品詞まで調べさせました。

  • 文章を早く読もうと思ったら…
  • 物語を楽しむのではなく、早く把握したいと思ったら…

そういう時は、「誰がどうした」「何がどうなった」だけ把握していけば、物語の筋を誤ることはありません。

ただ、英文読解でそれをするためには、『主語』『動詞』が判別できなければなりません。

動詞の意味を180度変えてしまう、『否定』の表現も分からなければなりません。

つまり、文の主要素になる、『名詞』『動詞』『助動詞』『副詞』を区別できなければなりません。

ですから、品詞は重要なのです。

「本に書かれている日本語訳に頼るな」

昔から生徒には、「本に書かれている日本語訳は無視しろ」と指導しています。

書籍等で付いている訳は、意訳が大半です。

「正しい意訳」「うまい言いかえ」もたくさんあります。

しかし、「主語が変わってしまっている」場合も含めて、正しくない誤訳もたくさんあります。

英文読解の参考書・問題集の訳も、誤っているケースは少なくありません。

大切なことは、「主語が何か」「動詞が何か」「どう修飾されているか」です。

それが適切に『訳』の中で表現されていなければ、8割合っているように見える訳でも、誤訳でしかないのです。

②センター試験

高校入試共通問題に慣れたら

1か月ぐらい高校の共通問題に取り組んだら、もう読むのにはさすがに慣れてきました。

語順のミスももうほとんどなくなってきました。

辞書を引かなくても分かる単語も増えてきました。

やっと、辞書を引くだけの勉強から、文章を楽しむことができるレベルになってきました。

そこで、次にセンター試験にチャレンジです。

『高校入試共通問題』と同じ方針で進めます。

難しいものを訳す訓練は、それこそ『高校入試共通問題』で十分に取り組みました。

題材がセンター試験に代わっても、特に違和感なく進めていけるはずです。

構文は大丈夫?

大学受験ともなると、構文がたくさん出てきます。

既に高校英語を知っている方は、「まだまだ無理なんじゃないか」と思うかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

構文も、所詮は文法のルールに則ったものです。

文法のルールに基づき、どういう例外が発生しているのかを意識して、それを勉強すればいいのです。

その方が、構文の理解が深まるという効果が重要です。

加えて、構文の事前学習・暗記に頼った読解では、著者の『言葉遊び』が理解できません。

多くの著者は、論文の中でちょっと遊びます。

暗記に頼っていると、ちょっと違う表現で書かれているだけで、「?」となる可能性が高いです。

しかし、文法のルールに則って読んでいたら、「きっとこういうノリだな」と考えて、よく知っている形に置き換えて読み進めることができるのです。

そういう経験、読みながら予測する能力を、センターレベルの文章で取り組んでおきましょう。

もっと難しい文章に出くわした時にも、嗅覚を働かせることができるはずです。

いや、むしろ、センターレベルの文章でできないことは、もっとハイレベルな文章になったらまずできないでしょう。

ですから、『読解』という観点では、演習をたくさん積み重ねるだけの、暗記型の学習に頼るのはやめた方が良いのです。

③慶応文学部・SFC

センター試験問題の難点

センター試験の文章は、非常に良い文章が多いです。

その分、文章が分かりやすいのが問題です。

丁寧に読む訓練をしてきた人なら、センター試験の長文読解は、ちょっと読むだけで、話の内容がある程度分かってしまいます。

こうなると、『難しいものを訳す訓練』には役不足です。

センターの文章で、どんどん地力・基礎的な読解力を習得したいところではあります。

ただ、『難しいものを訳す訓練』だって、まだまだ重要です。

そこで、最後のチャレンジに進みましょう。

時々『慶応文学部』『慶応SFC』に取り組んでみるのです。

なかなかに難しいですから、時々、1段落訳してみる程度の学習で大丈夫です。

日本語訳を読んでも難しい

楽に読んでいける文章は、いくら読んでも、『読解力』の向上にはつながりません。

たくさん本を読んでいるのに、現代文の点数が上がらない人は、まずはそこを疑った方がいいです。

「訳せる」、しかし、「何が書かれているか、ちょっと読んだぐらいでは分からない」ぐらいの文章に取り組むことで、読解力は飛躍的に伸びます。

そういう観点で、難しい文章へのチャレンジを一番しやすいのが『慶応』の入試問題です。

慶応の入試問題、特に『文学部』と『SFC』では、中高生でもギリギリよむことができる、良質の論文が出題されていることが多いです。

論文を丁寧に読む訓練にもなりますし、英語を丁寧に読む訓練にもなります。

最高の教材です。

もう心配ありません

慶応の入試問題を、「辞書があればしっかり読むことができる」レベルになれば、読解力については心配ありません。

将来、研究や仕事のために文献を読まなければならないとしても、何とかなるでしょう。

なお、「辞書があれば」と言いましたが、もう基礎的な単語は十分蓄えられているはずです。

中学レベルはもちろん、高校レベルでも、十分に読んでいける水準になっているはずです。


5.さいごに

実践的な勉強を

いかがでしたか。

この記事で紹介したのは、いかに実践的に英語を学習するかということです。

あらゆるスポーツやゲームも、同じように、『実践的』に取り組んでいると思いませんか?

多くの中高生が、実践的ではない『勉強』をしています。

なぜ、『勉強』だけ、実践を離れて、つまらない基礎練習ばかりさせられるのでしょうか。

好きになるために、得意にするために、『実践的』な訓練を積み重ねてほしいと思います。

主人公の彼は

この訓練の結果、彼は、高校入試の共通問題はもちろん、センター英語でも、英検準1級の長文読解でも。

大問1つ、辞書なしで、丸々全問正解することができるようになりました。

その後、偏差値48ぐらいの第一志望校に無事合格。

第一志望合格とともに、一生衰えない、英文読解の基礎となる技術を、彼はたった3か月で手に入れました。

簡単に手に入れさせたような書き方をしました。

しかし、それは誤解です。

そこに至るには、彼のすさまじいほどの努力と執念がありました。

私も、厳しいことをたくさん言いました。

『魔法』のような勉強法をお伝えしたいのではありません。

「本気になってしっかりやりさえすれば、誰でもこれぐらいの期間で身につけられますよ」とお伝えしたいのです。

読解が得意になれば文法も苦ではなくなる

もちろん、『入試』で高得点を取るためには、読解力だけでは足りません。

文法の演習、単語の暗記なども必要です。

ただ、「読解が得意」という意識になることができれば、それらの勉強も苦にはならないはずです。

その他の演習はしょせんは短文。

読むのが苦ではないでしょうから、演習はどんどん進むのです。

皆さんも、まずは『英文読解』を得意にするために。

実践的な演習に取り組んでみてください。

ご相談、気軽にどうぞ

「同じような指導を受けたい」「弱点の克服で困っている」など、ぜひ気軽にご相談ください。

指導をご希望の場合、本人がかけられる時間や、こちらが関わる時間などによって、費用は大きく変化します。

以下からお問い合わせ頂ければ、面談等の上、費用等、ご提案させて頂きます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。役に立ったと思ったら、以下をクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

シェアする